犬がカメラを嫌がるのはナゼ!?うまく撮る方法とは

犬のぎもん

愛犬のかわいい写真はありますか?「かわいい愛犬の姿を写真におさめておきたい!でもカメラを向けるとそっぽを向いてしまう…」と悩まれている飼い主さんは意外と多いようです。
犬がカメラを嫌がる理由とカメラ嫌いの犬を撮影するコツをまとめました。

犬がカメラを嫌がる理由

犬の可愛い写真を撮りたいと思っても、カメラを嫌がる犬がいます。何故、カメラを嫌がるのでしょうか。犬がカメラを嫌がる理由をまとめました。

カメラと目線を合わせたくない

犬にとってカメラのレンズは不思議なものです。カメラのレンズは見慣れない生き物の大きな目のように見えていると言われています。犬にとって目を合わせることは敵意を持っていることを意味するため、「怖い」「嫌だ」「戦うつもりはない」と警戒している可能性があります。

また、過去にカメラのフラッシュやシャッター音に驚いたことがある場合、カメラは怖い思いをするということを記憶しており、警戒してしまいます。

撮影の時に「動かないで」と叱られた

カメラを撮るときに犬に向かって「動かないで」と言ってしまうことがあります。
楽しく遊んでいる時や、何の警戒心もなくくつろいでいたところに、飼い主さんから突然「じっとして!」「こっち見て!」「動いちゃダメ!」と大きな声で何度も言われた場合、飼い主さんに叱られていると思ってしまうことがあります。
そうなると、「飼い主さんがカメラを向けている」=「叱っている」と考えてしまう可能性があります。

飼い主の顔が見えなくて不安になる

カメラを構えた時に飼い主さんの顔が見えなくなって不安に感じている場合があります。
撮影している時、飼い主さんの目や顔が隠れてしまっています。飼い主さんの顔や目の表情が見えにくい状況が犬にとって不安になったり不快に感じている可能性があります。

犬を上手に撮影する方法

犬がカメラを怖がっている場合、どのようにすればいいのでしょうか。犬のカメラ嫌いを克服し、上手に撮る方法をまとめました。

カメラがある生活に慣れさせる

犬がカメラを意識しないように、普段からカメラがある生活に慣れさせましょう。
撮る目的がなくても、普段からカメラがある状態に慣れさせます。飼い主さんがカメラ越しに自分を見ていることを見慣れて違和感を感じないようになれば、愛犬の日常の姿を撮ることができるようになります。

遊びながら写真を撮る

旅行先や普段行かないような場所での撮影ほど、犬のテンションが上がり、思うような写真が撮れないということはないでしょうか?
そんな時は、飼い主さんも犬と写真を撮ることを楽しみましょう。犬と一緒に楽しむことで、犬の意識が飼い主さんに向きます。できれば犬と遊ぶ人とそれを撮影する人がいると、とてもイキイキとした表情で躍動感のある写真が撮れます

カメラがあると嬉しいと覚えさせる

犬に「カメラがあると嬉しいことがある」と覚えてもらいましょう。
飼い主さんの顔が見えない、怖い目で見られている、と警戒している犬も、おやつがあると喜びます。おやつに気をとられていて思うような写真が撮れなくても、まずは「カメラを向けられているとおやつが貰える!」と覚えてもらいましょう
カメラを見れば「おやつが貰えて嬉しい!」となれば、そっぽを向かれず可愛い写真が撮れるようになります。

カメラの機能をうまく使う

カメラのフラッシュは使わないようにしましょう。人間もフラッシュをたかれると眩しく感じ、目をつむってしまったり、視線をそらしたくなるかと思います。犬も同じです。フラッシュを使用せずに撮影しましょう
また、カメラの連写機能を使うと可愛い写真を逃さずに撮ることができます。犬はなかなかじっとしてはくれません。連続で写真を撮る機能を使えば、後から自分が気に入った1枚を選ぶことができます

私も連写機能のあるカメラで愛犬を撮影しています。

まとめ

犬の人生は短いです。多くの飼い主さんは、1日1日を愛犬と大切に過ごし、愛犬の様々な表情など全てを写真におさめたいと思っているのではないでしょうか。
愛犬のカメラ嫌いを克服して幸せな時間の瞬間を写真で残したいです。

タイトルとURLをコピーしました